ケータイ辞書JLogosロゴ 常木村(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸初期の村名。埼玉郡羽生領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ大久保彦左衛門の知行,のち幕府領。「田園簿」の村高は687石余,うち田344石余・畑343石余。元禄国絵図では1村で記され,その後上・下常木村の2か村に分村。検地は承応2年。元禄14年堤外地の原野を開墾し陸田としたが,洪水のため次第に川欠となった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7288745
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ