ケータイ辞書JLogosロゴ 中妻村(近世)


埼玉県>鷲宮町

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡騎西【きさい】領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ幕府領,のち川越【かわごえ】藩領。元禄11年久留里藩領と旗本小笠原・成瀬氏の相給。検地は正保4年。村高は「田園簿」で668石余,「元禄郷帳」871石余で新田高入があり増加,以後変わらず。村内645石余を知行した小笠原氏は大光寺を菩提寺とし,古河【こが】2万石の大名小笠原家の一族であった。名主は島村家で,近世文書を多数伝来し,特に旧利根川端にかかる七曲堤の洪水時における争論は激烈をきわめたことがその文書からわかる。化政期の家数85軒。高札場は1か所。鎮守は千勝社で,陸奥【むつ】国白河郷から古代に勧請され,近津明神社と称したという。ほかに天神社と稲荷社。寺院は新義真言宗吾妻山大光寺・同天神山勝明寺・羽黒山の修験大光山宝勝寺。同4年埼玉県に所属。同9年の戸数92・人口388,馬32。用水は新川用水を使用。大光寺に明治7年中妻学校を開校,生徒数58。物産は米・麦のほか大豆・綿・白木綿・紺無地木綿・縞木綿で,米麦の余剰は久喜【くき】・菖蒲【しようぶ】両町へ,木綿は久喜町へ出荷。同12年南埼玉郡に所属。同22年鷲宮【わしみや】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7289074
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ