ケータイ辞書JLogosロゴ 西大輪村(近世)


埼玉県>鷲宮町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ下総【しもうさ】国猿島【さしま】郡のうち。古くは田宮荘に属したという。寛永年間に江戸川が開削され,大輪村が東・西に分村と同時に,両村ともに武蔵国葛飾【かつしか】郡幸手【さって】領のうちとなった。はじめ幕府領,元禄11年から旗本戸田・小出・岡野・猪子・松波5氏の相給。戸田氏知行分は天明3年から相模小田原藩領。さらにのち旗本荒川・榊原氏の相給となる。村高は「田園簿」で919石余,「元禄郷帳」627石余,「天保郷帳」639石余。検地は元禄8年で,外野村を分村。用水は葛西【かさい】用水筋の北側用水を利用。村の規模は東西5町・南北20町余。化政期の家数81軒。名主は白石家が世襲。同家は天文年間秩父【ちちぶ】郡白石村に住し,江戸初期に当村に帰農したと伝え,近世文書を多数伝える。持添新田は延享4年検地で,幕府領。助郷は幸手宿に出役。鎮守は鷲明神社,寺院は白石氏の中興開基という曹洞宗天王峯鶏足山迦葉院,新義真言宗牟尼山円明院。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数125・人口735,馬30。物産は米・麦のほか大豆・白木綿。同12年北葛飾郡に所属。同22年八輪野崎【はちわのざき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7289296
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ