ケータイ辞書JLogosロゴ 羽尾村(近世)


埼玉県>滑川町

 江戸期〜明治22年の村名。比企郡のうち。古くは松山領に属したという。はじめ幕府領,文禄元年旗本加藤氏の知行,延宝4年から幕府領と旗本加藤氏の知行,元禄10年からは旗本加藤・奥村・石野・島田氏相給となる。検地は寛文年間。村高は「田園簿」で967石余,うち田632石余・畑335石余,「元禄郷帳」では979石余,「天保郷帳」では1,005石余,持添新田26石余の検地は延享3年,幕府領。村の規模は東西・南北ともに約20町。化政期の家数180軒。用水は市野川・滑川の水を用いたが,しばしば日損の被害を受けた。鎮守は産土神恒儀【ごうぎ】社,同社は平安期天長年間に青島城(現東松山市大字石橋)の城主であったと伝える青島判官藤原恒儀の霊を祀る。同社の別当寺は本山派修験の金剛院。神社はほかに愛宕社・諏訪社・愛宕御嶽合社。寺院は曹洞宗興長寺・当山派修験三教院・本山派修験慈明院・天台宗宝蔵寺。高札場は加藤氏・奥村氏の知行地に1か所ずつ2か所。小名は平・前郷・裏郷・打越。明治6年に公立小学校開設。同9年埼玉県に所属。同年の戸数228・人口1,128,馬95,荷車1。物産は米・小麦・生絹・薪。明治12年比企郡に所属。同22年に宮前村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7289594
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ