ケータイ辞書JLogosロゴ 藤金新田(近世)


埼玉県>鶴ケ島市

江戸期〜明治10年の新田名県南部,高麗【こま】郡のうち古くは勝呂【すぐろ】郷浅羽荘川越【かわごえ】領に属したという享保年間藤金村の北に武蔵野新田として農民伊兵衛が開発享保10年検地ののち分村30町5反余で幕府領村高は天保13年29石余(郡村誌)村の規模は東西・南北ともに4町水田はなく畑地のみで原野林が多い化政期の家数7軒鎮守は八幡社明治9年埼玉県に所属同10年藤金村に合併現在の鶴ケ島市藤金のあたり
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7290005
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ