ケータイ辞書JLogosロゴ 本郷村(近世)


埼玉県>岡部町

 江戸期〜明治22年の村名。榛沢【はんざわ】郡鉢形【はちがた】領のうち。古くは杉森郷藤田荘に属したという。はじめ旗本花井氏知行,元禄3年花井2氏の相給,延享2年一部が幕府領となる。検地は不詳。持添新田が櫛引原にあり,延享2年検地。村高は「田園簿」で450石,うち田290石余・畑159石余。「天保郷帳」490石余,「旧高旧領」では467石余。村の規模は東西20町・南北10町余,化政期の家数115軒。用水は荒川を使用。江戸初期に菅沼定利の陣屋が置かれた。村内を比企【ひき】郡小川村(現小川町)から本庄宿(現本庄市)に至る脇往還が通る。鎮守は飯玉明神・白髭明神合社,ほかに神社は12社。寺院は曹洞宗清涼山定光院で,領主花井氏の墓所。新義真言宗歓喜山東陽寺など。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数113・人口569,馬58,荷車6。飛地は1か所。公立小学校は定光院を仮用,生徒数48。物産は米・麦・大豆・ソバ・アワ・繭・生絹・太織。同12年榛沢郡に所属。同22年本郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7290173
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ