ケータイ辞書JLogosロゴ 御堂村(近世)


埼玉県>東秩父村

 江戸期〜明治22年の村名。秩父【ちちぶ】郡のうち。古くは玉川領大河原【おおかわら】郷に属したという。はじめ幕府領,天明8年一部は旗本雨宮氏の知行,寛政10年からは旗本雨宮・亀井氏の相給。検地は寛文8年,新田検地は享保8年・同17年。村高は「田園簿」で286石余,うち田144石余・畑141石余,ほかに紙舟役3貫300文,「元禄郷帳」357石余,「天保郷帳」367石余。村の規模は東西1里半余・南北3町。化政期の家数155軒。用水は3か所,槻川に堰を設けて取水。物産は絹・紙・竹縄・縄など。村内を秩父街道が通る。亀井・雨宮氏の御林がそれぞれ1か所あった。鎮守は八幡社,寺院は天正19年朱印20石拝領の日蓮宗浄蓮寺。高札場は小名御堂・荒井,小名は向堀・やまし平・鍛冶屋・宮地など。明治7年公立小学校開設,同9年の生徒数41。同9年埼玉県に所属,同年の戸数113・人口540。物産は鶏・繭・蚕卵紙・桑・コウゾ・炭・薪など。明治12年秩父郡に所属。同22年大河原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7290460
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ