ケータイ辞書JLogosロゴ 本宿村(近世)


埼玉県>川越市

江戸期〜明治12年の村名「ほんじゅくむら」ともいう県南部,入間【いるま】川流域の低地に位置する比企【ひき】郡のうち古くは川島領に属したという元禄6年老袋【おいぶくろ】村から分村はじめ川越【かわごえ】藩領,元禄7年からは幕府領村高は「元禄郷帳」では150石,以後変わらず村の規模は東西6町・南北8,9町化政期の家数18軒用水は天水を利用延宝8年の荒川・入間川の流路改作以後,毎年水害を被るようになった老袋村から分村した上老袋・中老袋・下老袋・川口・鹿飼【ししかい】・戸崎と当村を合わせた7か村は組合を作り,1村のように諸役等を負担したという鎮守は下老袋村の氷川社高札場は村の中央部小名は柳下・大屏風・小屏風明治9年埼玉県に所属同年の戸数17・人口87,馬3,水害予備船9・荷車1物産は繭・藍葉・大麦など明治12年比企郡に所属同年東を冠称し,東本宿村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7290668
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ