ケータイ辞書JLogosロゴ 鷲宮村(近世)


埼玉県>鷲宮町

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡騎西【きさい】領のうち。古くは太田荘あるいは太田郷に属したという。鷲宮神社領。村高は「田園簿」「元禄郷帳」とも400石,うち田27石・畑373石。「天保郷帳」では393石余。村の規模は東西1里・南北20町余。化政期の家数150軒。用水は六郷堀を利用。享保4年葛西【かさい】用水路改修の際,6石余の土地が潰地となったが,この分は除堀村から替地が与えられた。社領のうち,高43石5町8反余が供僧大乗院などの寺領であったが,唯一神道を主張する鷲宮大宮司大内氏と,神仏習合を主張する大乗院との争論に際し,寛文7年大内美作はこれらの寺領を没収したうえ,大乗院ほか供僧寺をことごとく破却した。これに不満を示した大乗院は,この破却を不法として寺社奉行に出訴,元禄3年裁許により,大乗院は寺領とともに再興され,大乗院に16町余の預け地を与えるべき旨を大内氏に命じた。このため鷲宮村はそれぞれ鷲宮社と大乗院の支配に分割された形になった。鷲宮は中島郷(大乗院領)・栗原郷・新井郷それに鷲宮の4郷から成り,人家の多くは鷲宮社の門前町に集中した。延享2年より人馬の役を命ぜられ,久喜【くき】町・幸手【さって】宿・騎西町場・菖蒲【しようぶ】町などへの継立てを行った。5・10の日の六斎市が開かれて穀物や木綿などの交易が行われた。鷲宮神社の前は羽生【はにう】町への往来で,3間の道幅があり,多くの店が並び近郷商圏の中心であった。鎮守は鷲宮社,寺院は曹洞宗霊樹寺・同良学院・新義真言宗大乗院など。高札場は鷲宮神社前の大道の中ほどにあり,小名には内穴辺・新宿・小屋裏などがある。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数272・人口1,301,馬43。小船2,人力車9・大八車1・荷車9。物産は米・麦・大豆・ソバ・清酒・白木綿・縞木綿。なお鷲宮社領は明治3年上知になったが,残された境内地は3,256坪であった。また境内地に接した大乗院はこの頃破却され,供僧頭東大路氏は神官に転じたが,大内氏は宮司を免ぜられるとともに鷲宮社も県社となった。花崎村・大桑村内に飛地がある。明治12年南埼玉郡に所属。同22年鷲宮村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7290998
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ