ケータイ辞書JLogosロゴ 相川村(近世)


千葉県>富津市

 江戸期〜明治22年の村名。上総国天羽郡のうち。「上総国村高帳」では旗本黒川氏領,文化8年以降幕府領などを経て,「旧高旧領」では前橋藩領。村高は,文禄3年「石高覚帳」463石,「元禄郷帳」496石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに501石余。「上総国村高帳」では家数98。文政12年の年貢は,納米135石6斗余・永34貫余であった(服部家文書/富津市史史料集1)。文政11年梨沢村の秣場利用をめぐって当村ほか6か村と梨沢村との間で2年にわたる争論が起こった(長崎区有文書/同前)。幕末には大透慧音師が寺子屋を開いていた。明治6年千葉県に所属。神社は相川神社。寺院は曹洞宗見性寺。同18年の反別206町9反余(上総国町村誌)。明治22年天神山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291034
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ