ケータイ辞書JLogosロゴ 相島新田(近世)


千葉県>我孫子市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国相馬郡のうち。江戸前期からの手賀沼開墾によって成立した新田村。寛文年間に開発され,天和2年からは手賀沼新田請方の反高場となり年貢を上納,享保10年までは布佐村下あるいは布佐村分と称した所のうちと思われ,幕府領。享保15年筧播磨守により手賀沼古新田のうち相島新田として検地され村高21石余,さらに明和3年・寛政6年にも検地が行われ,村高27石余となり,以後村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに27石余で,「元禄郷帳」には見えない。慶応2年の割付によると,田2町8反余,畑7反余,その他反高・見取合わせて44町余。小物成には,鳥猟運上永1貫880文,沼役永333文。鳥猟の布瀬村を親浜とする浜組へは天保7年から参加。検地帳での屋敷数は,享保年間1,明和年間2。明治6年千葉県に所属。同11年南相馬郡に編入。明治7年の戸数11。明治22年飛地の字六軒堤根南・六軒堤根北は大杜村相嶋となり,本村は布佐町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291036
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ