ケータイ辞書JLogosロゴ 青山村(近世)


千葉県>下総町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。古くは助崎領に含まれる。寛永期以降高岡藩領。江戸初期は佐倉藩領か(香取郡誌)。村高は,「元禄郷帳」116石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに134石余。「旧高旧領」ではそのほか,「年月不詳地蔵原新田ヨリ入ル」として47石余が見える。同新田は延享5年の検地以後幕府領であった。弘化2年の家数13(関東取締出役控帳/香取郡誌)。明治8年千葉県に所属。神社は神明神社,寺院は臨済宗東光寺(香取郡誌)。明治22年小御門村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291076
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ