ケータイ辞書JLogosロゴ 安食卜杭新田(近世)


千葉県>栄町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。寛文年間安食村卜杭野を開発して成立。はじめ幕府領,元禄14年から佐倉藩領,享保8年から幕府領。村高は,「元禄郷帳」294石余,享保13年の見取場検地により252石余が改増,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに561石余。小林新田・酒直卜杭新田,および笠神埜原(十四ケ)新田を含めた地域は,枝利根川(現将監川)と印旛沼に接しており,水害が多発したため早くから普請組合を結成している。明治6年千葉県に所属。神社は水神社・稲荷神社・三峯神社・厳島神社,寺院は天台宗覚了庵。明治22年飛地は境村の大字となり,本村は埜原【やわら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291128
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ