ケータイ辞書JLogosロゴ 阿孫子村(近世)


千葉県>我孫子市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国相馬郡のうち。阿孫子町とも称された。幕府,旗本大沢氏・山高氏の相給。なお,山高氏は寛文元年から当地を領し,寛文5年には検地を行い,元禄14年以前には大沢氏,貞享元年以前には幕府領も存在し,相給となっている(小熊家文書)。村高は,「元禄郷帳」で455石余,「天保郷帳」で777石余(田49町5反余・畑86町2反余),「旧高旧領」779石余。延享2年の神尾若狭守の原地新田検地(137石余,田7反余・畑44町8反)により村高が増加している。幕府領の小物成には,沼役永が見える。また,水戸街道の宿駅で,御蔵前入用および六尺給米は免除された。天保14年の家数114,うち大沢氏領45・山高氏領48・幕府領21,文政4年幕府領の家数18・人数88,馬数5。神社は香取神社・天王社(現八坂神社)。寺院は真言宗大光寺(相馬霊場42番)・延寿院(同43番),曹洞宗興陽寺(同59番)。延寿院は子ノ神社の別当寺で,宿の中心にあった。当宿は,小金町へ2里21町,取手舟場まで1里9町の御伝馬宿で,上使や水戸宰相・土屋相模守・本庄安芸守・相馬図書頭・内藤能登守・内藤右近・内田出羽守・山口修理・本堂源七郎などの大名の通路となっている(小熊家文書)。鉤形の宿場の町並みを形成し,問屋は村内の名主4名(山高氏領のみ2名,幕府・大沢氏領は各1名)が月番でつとめた。定助郷は29か村(相馬郡15か村・葛飾郡14か村),加助郷は23か村(葛飾郡10か村・印旛郡13か村)。宿の稠密な家並みは火災に弱く,焼失家屋は記録に残っているものでも享和元年12軒,文化2年66軒,文政10年35軒を数えた。江戸前期からの手賀沼開墾により成立した我孫子村新田は当村を親村とした。興陽寺塾・杉山塾が筆学を教えた。明治6年千葉県に所属。同11年南相馬郡に編入。明治4年の戸数141・人口833。同6年我孫子小学校を開設。生徒数は男82・女25。明治5年我孫子郵便局開局。同9年木下警察署我孫子分署が設けられた。明治3年当地で生まれた血脇守之助は,歯科医の地位向上に尽くし,また野口英世の育ての親としても有名である。明治22年までには我孫子宿と改称。明治22年我孫子町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291171
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ