ケータイ辞書JLogosロゴ 我孫子村新田(近世)


千葉県>我孫子市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛【いんば】郡のうち。江戸前期からの手賀沼開墾により成立した新田村。寛文年間に開発され,天和2年からは手賀沼新田請方の反高場となり年貢を上納,享保10年までは我孫子村下と称した。幕府領。享保年間に最初の検地が行われたと思われ,村高は,安永5年宮村孫左衛門による再検地では5石余,寛政6年にも検地が行われ微増し,「元禄郷帳」には見えず,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに5石余。天保14年の家数10。我孫子村との境界沿いに散在する農・漁村で,手賀沼の対岸大井村との間に,川岸上渡し・子ノ神下渡しがあった。明治6年千葉県に所属。同7年の戸数10。明治22年南相馬郡に編入し,同年我孫子町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291175
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ