ケータイ辞書JLogosロゴ 新木村下(近世)


千葉県>我孫子市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛【いんば】郡のうち。江戸期は新木村新田,明治22年以前は新木村下新田とも称した。江戸前期からの手賀沼開発によって成立したと思われる新田村。幕府領。貞享元年草高36石余,反米11石余。新田の一部は,宝暦4年江戸の海野喜八郎から2町3反余を金20両で購入したもの。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに新木村新田として7石余。天保14年の村書上帳では,高492石余の新木村のうち高7石余で民家はなく,篠田藤四郎代官とある(湖北村誌)。明治6年千葉県に所属。明治22年南相馬郡に編入し,同年湖北村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291248
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ