ケータイ辞書JLogosロゴ 粟野村(中世)


千葉県>鎌ケ谷市

 鎌倉期から見える村名。下総国相馬御厨南相馬のうち。年未詳の相馬胤村配分状(相馬文書/県史料県外)に「粟野」と見え,このなかで胤村の後家(師胤の母)に当地を含む数か村から2か村を配分してほしい旨を申請している。しかし,文永9年10月29日の関東下知状(相馬文書/県史料県外)をみると,「下総国⊏⊐(相馬カ)御厨内薩間・粟野両村」を相続したのは平松若丸(師胤)であった。正応2年5月20日の平某譲状(相馬文書/県史料県外)では師胤が当村を松靏丸(重胤)に譲与しており,さらに,重胤は次男光胤に譲与したことが建武2年11月20日および建武3年2月5日の相馬重胤譲状(相馬文書/県史料県外)に見える。また同年5月20日の相馬光胤譲状(同前)からは光胤が兄親胤の子松靏丸(胤頼)に当村を譲ったことがわかる。その後の相続関係は不明,わずかに応永2年のものといわれる南相馬村田数注文(相馬文書/県史料県外)に「あわのうのむら 一丁九反」と記されている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291273
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ