ケータイ辞書JLogosロゴ 粟野村(近世)


千葉県>東庄町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。「各村級分」「旧高旧領」ではともに旗本青木氏・中川氏・杉田氏の相給。なお,「寛文印知集」によれば,寛文4年小見川藩領の村として見える。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに439石余,「旧高旧領」455石余。寛文9年着手の旧椿海干拓には当村からも出作しており,椿新田18か村の1つ八重穂村を元禄9年に立てている(海上八幡宮文書/県史料下総)。延享4年小南村・青馬村との野論に幕府評定所の裁決が下る(東庄町史)。弘化2年の家数57(関東取締出役控帳/香取郡誌)。明治8年千葉県に所属。神社は星宮神社(香取郡誌)。明治22年東城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291277
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ