ケータイ辞書JLogosロゴ 飯岡町(近代)


千葉県>飯岡町

 明治22年〜現在の海上郡の自治体名。上永井・下永井・飯岡・行内・平松・横根・岩崎・萩園の8か村が合併して成立。旧村名を継承した8大字を編成。昭和29年三川村を合併,同32年銚子市塙および八木の一部を編入して三川・権田沼新田・狢野・塙・八木の5大字を加える。同年海上町,翌33年銚子市,同46年旭市との間で境界変更実施。なお銚子市編入分から同市茶畑町成立。はじめ役場を飯岡に設置,昭和48年萩園に移転。明治24年の戸数1,342・人口7,254,厩98,病院1,船187。同22年飯岡小学校に萩園小学校が合併して飯岡尋常小学校となり,同27年高等科を併置。明治23年〜大正3年の遭難死亡者数387。漁業専従戸数は,大正3年359,同10年71。昭和23年飯岡漁港修築工事開始。第2次大戦後,製飴業が明治期からの澱粉製造を生かして急成長。昭和24年飯岡食品化学協同組合(同26年飯岡水飴工業協同組合と改称)結成,結成時の加入工場182・就業者数1,100。同27年の生産高5万4,610 t,総売上44億9,900万円で最高を記録。以後砂糖が市場に出廻るに伴い需要が激減,同42年組合解散。農業は戦後洋野菜を導入し,同35年園芸組合設立。同50年ライスセンター,同51年集団トマト栽培のビニールハウス15棟,同52年島田園のメロン栽培温室31棟完成。同53年の一戸当たり農業専従者数,一人当たり農業所得ともに県下1位。同年銚子・旭・飯岡・海上・東庄【とうのしよう】・干潟の2市4か町の上水道・農業用水事業である東総用水事業着工。世帯数・人口は,昭和35年2,387・1万2,171,同45年2,568・1万1,307,同53年2,752・1万1,096。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291296
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ