ケータイ辞書JLogosロゴ 飯塚荘(中世)


千葉県>八日市場市

 鎌倉期〜室町期に見える荘園名。下総国のうち。建長6・7年に書かれた「観経定善義聞書」識語(金沢文庫文書/県史料県外)に「談処下総国匝蹉飯塚御庄内松崎郷福岡村也」とあるのが初見。建長6年12月20日から翌年2月6日にかけて然阿良忠が観経定善義を当荘内福岡村の談所で講じたというもの。また応永24年8月の日英末寺等支配注文(法宣院文書/市川市史5)によると「飯塚阿弥陀堂并講坊」が日英から弟子千代寿・寛菊に譲与されている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291318
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ