ケータイ辞書JLogosロゴ 飯積村(近世)


千葉県>酒々井町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛【いんば】郡のうち。江戸初期は泉村とも称した(元禄郷帳など)。「各村級分」では佐倉藩領,「旧高旧領」では幕府・佐倉藩の相給。村高は,「元禄郷帳」192石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに202石余。成田街道酒々井【しすい】宿の助郷村。佐倉牧のうち柳沢牧に近く,捕馬の際には酒々井の御払場に野馬喰草を納めた。天保7年書上帳によれば,反別田16町9反余・畑3町余,家数16・人数86,馬7,村持の山3か所のほか他村越石の山16か所があった(区有文書/酒々井町史史料集1)。文久元年「佐倉藩日記」によれば,撰栗3斗・初茸100個の上納を命じられている。神社は伊豆神社,寺院は真言宗泉福寺。伊豆神社に合されている子安神社は安産の神として,毎年3月19日の例祭には近郷から参詣者があった。明治6年千葉県に所属。明治22年酒々井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291321
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ