ケータイ辞書JLogosロゴ 幾世村(近世)


千葉県>海上町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国海上郡のうち。寛文10年からの椿海干拓によって成立した新田18か村の1つ。元禄8年の新田検地が行われるまでは,東部台地上の松ケ谷村の真下に位置したため松ケ谷村下とも呼ばれた。はじめ幕府領,延享3年から佐倉藩領,幕末には旗本津田氏領。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,401石余。寛文年中に隣接する松ケ谷村地先に,新田用水として惣堀溜が造られた。元禄8年新田検地による反別132町4反余。椿新田には割元名主3名が置かれ総轄されていたが,その私曲が露見し,新田18か村惣代平野善兵衛の請願により正徳5年から村ごとに名主が置かれるようになった。神社は天照皇大神社・田ノ神社,寺院には延命庵がある。明治8年千葉県に所属。明治22年滝郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291347
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ