ケータイ辞書JLogosロゴ 伊篠村(近世)


千葉県>酒々井町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」234石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに253石余。東西に成田街道が走り,街道沿いの松並木は名所となっていた。徳川光圀の延宝2年「甲寅紀行」では,「伊慈野山この辺鹿多し」と見える。成田街道酒々井【しすい】宿の助郷村。佐倉牧捕馬に用いる牽綱を差出す例があった。神社は白幡神社,寺院は曹洞宗浄泉寺。明治6年千葉県に所属。明治22年酒々井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291394
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ