ケータイ辞書JLogosロゴ 和泉新田(近世)


千葉県>印西市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。印西領に属す。もと小金牧のうち印西牧の一部。寛文10年惣深【そうふけ】新田開発請負主鰭ケ崎村清重郎らが,それまで入会であった草深野の一部を対立緩和のため,近隣16か村に分与した。それを和泉村が村請で開発し,延宝4年の検地により高請され成立したものと思われる。幕府領。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに161石余。明治6年千葉県に所属。神社は八幡神社など,寺院は真言宗泉王寺(印旛郡誌)。明治22年船穂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291416
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ