ケータイ辞書JLogosロゴ 一宮町(近代)


千葉県>一宮町

 明治23年〜現在の自治体名。はじめ長柄郡,明治30年からは長生郡に所属。一宮本郷村が町制施行し,同時に改称して成立。明治24年の戸数863・人口4,514,厩182,船31。郡南部の行政・経済・文化の中心として繁栄。江戸期の5・10の市日は現在朝市として残る。明治30年房総鉄道(現国鉄外房線)開通,上総一ノ宮駅設置。同29年実業倶楽部,同31年商業銀行が発足。同34年一宮尋常高等小学校開校。大正13年私立一宮実業学校(現県立一宮商業高校)開設。加納久宜の尽力により海水浴場・別荘地としても発展。昭和7年園芸組合を組織。九十九里浜沿岸に発達したイワシ地引網漁業は,昭和30年代初めに消滅。近年は蔬菜栽培・梨栽培・酪農など農業の近代化が進み,トマト・キュウリの出荷額は県内上位を占める。昭和28年東浪見【とらみ】村を合併,同年旧一宮本郷村の区域が一宮として起立し3大字を編成。同29〜30年に長生村の一松船頭給地区・新地地区,宮原を編入。船頭給・新地・宮原の3大字を加える。同39年一宮の一部から田町,同50年宮原の一部から白山が起立し,8大字となり現在に至る。世帯数・人口は,昭和9年909・5,120,同25年1,325・6,644,同35年2,149・1万694。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291493
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ