ケータイ辞書JLogosロゴ 稲子沢村(近世)


千葉県>富津市

江戸期〜明治7年の村名上総国天羽郡のうち湊川支流志駒川中流域に位置する佐貫藩領村高は,文禄3年「石高覚帳」52石,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに54石余「上総国村高帳」では家数11寛政5年の書上帳によれば,人数52,農間余業は男女とも山稼であった(椙山家文書/富津市史史料集1)文化8年の松平定信による竹ケ岡村御台場・陣屋普請に際して,当村も人足割当てがあった(黒坂日記/富津市史史料集2)慶応元年当村など7か村と志駒村との間で秣場争論があった(石井家文書/富津市史史料集1)同2年当村などと志駒村との間で秣場について争論が起こった(小沢家文書/同前)明治6年千葉県に所属明治7年志駒村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291552
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ