ケータイ辞書JLogosロゴ 今泉村(近世)


千葉県>東庄町

 江戸期〜明治2年の村名。下総国香取郡のうち。「各村級分」では旗本石河氏領,「旧高旧領」では幕府・旗本石河氏の相給。村高は,「元禄郷帳」317石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに348石余。百姓数は明和4年98,文政7年91(区有文書)。「利根川図志」には笹川・石出とともに笹川蜆の産地として見える。元治元年8月水戸天狗党誠心組が一方的に当地域で武器・金子を要求。また慶応3年には当村小前百姓一同が金毘羅山に集合,150俵の夫食を要求(東庄町史)。ほかに年紀未詳ながら当村名主の入札をめぐる村方騒動が起きている(笹川多田家文書)。明治2年東今泉村と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291605
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ