ケータイ辞書JLogosロゴ 今郡村(近世)


千葉県>東庄町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。天正19年東庄郡郷枝今郡村水帳が残り(区有文書/県史料諸家),郡郷の枝村として分村したことがうかがえる。また「神私実事」ではこの時玉子大明神に朱印地10石が当村内において引渡されたとみえる(飯田家文書)。「各村級分」「旧高旧領」ではともに旗本石河氏領,ほかに玉子大明神(東大神社)領も見える。村高は,「元禄郷帳」217石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに221石余。寛文11年以降石出村との間に野論が続き,延宝4年裁許が下り係争地は入会地となる。百姓数は元禄14年39(吉田家文書),文化7年39(区有文書)。明治8年千葉県に所属。神社は天満天神社,寺院は真言宗宝蔵院(香取郡誌)。明治22年橘村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291613
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ