ケータイ辞書JLogosロゴ 岩井袋(近代)


千葉県>鋸南町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ勝山村,明治29年勝山町,昭和34年からは鋸南町の大字。明治24年の戸数121・人口890,船97。古くから漁船避難港として知られていた岩井袋漁港は,昭和27年第1種町営漁港に指定。昭和10年頃から砕石の生産が始まり,埋立用材として専ら京浜方面に積出。戦後は砕石の用途や需要の拡大に伴って同港も資材積出港に様変わりしている。また地先の景勝地「ひるまさ」の観光開発が進められた。同40年の世帯数149・人口607。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291668
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ