ケータイ辞書JLogosロゴ 岩戸村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。はじめ旗本米津【よねきつ】氏領,のち幕府・久喜藩(藩主米津氏)の相給,元禄14年から幕府・佐倉藩の相給。村高は,「元禄郷帳」1,029石余,「天保郷帳」1,074石余,「旧高旧領」574石余。なお,幕府領分207石余は延享4年に割り渡された惣深新田分である。延享3年明細帳によれば,反別田75町余・畑30町余・新田畑13町余,惣深新田分は畑41町余,御林14か所18町余,溜池5か所,郷蔵1,家数143,馬85,馬渡船1(佐藤家文書)。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。印旛沼の対岸先崎【まつさき】村との間に渡し船があった。神社は宗像神社,寺院は曹洞宗高岩寺・広済寺,臨済宗西福寺,真言宗泉福寺。明治6年千葉県に所属。同年泉福寺を仮校舎に岩戸小学校が開校,同18年南湖小学校と改称,同20年岩戸尋常小学校となる。明治22年宗像【むなかた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291692
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ