ケータイ辞書JLogosロゴ 犬成村(近世)


千葉県>木更津市

 江戸期〜明治22年の村名。上総国望陀【もうだ】郡のうち。はじめ幕府領,のち「上総国村高帳」では旗本伊勢氏・杉浦氏の相給,「旧高旧領」でも変わらず。なお「旧高旧領」には東泉寺領5石・同寺除地6石余・宝蔵寺除地1石余が記載されている。村高は,文禄3年「石高覚帳」512石,「元禄郷帳」539石余,「天保郷帳」581石余,「旧高旧領」601石余。「上総国村高帳」では家数58。明治6年千葉県に所属。神社は五霊神社。寺院は曹洞宗東泉寺・真言宗宝蔵寺。明治10年代に村民の生活安定を目的とする生活改善運動が起こり,冗費の節約,村民の義務を骨子とした条約書を作った(木更津市史)。同18年の反別182町余(上総国町村誌)。明治22年清川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291735
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ