ケータイ辞書JLogosロゴ 請方新田(近世)


千葉県>栄町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛【いんば】郡のうち。布鎌新田の1つ,布鎌を冠称。牢人島田是心が開発請負主となり,大瀬野の一部を貞享4年から開発に着手。開発半ばの元禄5年島田が病死,のち5人の者が開発を引き継ぎ,安右衛門組・小右衛門組(のち与兵衛組)・又兵衛組・庄兵衛組(のち甚右衛門組)・平右衛門組の5か組が成立。このため請方五ケ村とも称す。享保13年の検地により高請された。はじめ幕府領,天保10年から浜松藩領,弘化3年一時幕府領となるが,以後再び浜松藩領。村高は,「元禄郷帳」無高,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに620石余。享保13年の反別148町1反余,皆畑(印旛郡誌)。明和8年の家数63・人数368(栄町資料集)。神社は小右衛門組の香取明神,安右衛門組・庄兵衛組の天照大神(皇太神社),又兵衛組の八幡宮,平右衛門組の天神宮,寺院は庄兵衛組の臨済宗円福寺。明治6年千葉県に所属。明治22年布鎌村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7291765
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ