ケータイ辞書JLogosロゴ 大塚原村(近世)


千葉県>旭市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国匝瑳【そうさ】郡のうち。天正18年徳川氏家臣菅沼氏領,元和5年同氏から分知された菅沼氏領,寛文10年幕府領,元禄10年旗本大岡氏領を経て,享保10年からは一部が分知大岡氏領となり,相給となる。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに460石余,「旧高旧領」463石余。寛文年間の椿新田開発のため用水不足となり,急速に畑地化が進んだ。用水は椿海から流れる古川を利用していたが,新田開発後は新川に注ぐ念仏川に土堰を築きその水を利用。元禄14年からは箱堰を使用。延享2年の家数49。神社は天御中主神社・妙見宮。寺院は真言宗地蔵院・実蔵院・観音堂,天台宗光明院など。イボに悩む人,足の痛い人に御利益があるといわれる道祖神信仰がある。明治8年千葉県に所属。明治22年豊畑村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292109
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ