ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近世)


千葉県>夷隅町

 江戸期〜明治22年の村名。上総国夷隅郡のうち。「上総国村高帳」「旧高旧領」ともに旗本服部氏・福島氏の相給,ほかに光福寺領35石がある。村高は,文禄3年「石高覚帳」862石,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,075石余。「上総国村高帳」では家数196。神社は八幡神社。寺院は日蓮宗光福寺。慶安2年同寺に徳川家光が寺領35石を寄進した。また同寺は天正13年の大野法難で焼失し,宝暦年間から天明年間にかけて当村の世襲名主高師家によって再興された(夷隅風土記)。明治6年千葉県に所属。同7年大野学校が光福寺に設立される。同8年の教員数1,生徒数は男37・女13。同18年の反別535町8反余(上総国町村誌)。明治22年中川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292163
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ