ケータイ辞書JLogosロゴ 大間手村(近世)


千葉県>海上町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国海上郡のうち。寛文10年に干拓のはじまった椿新田18か村のうちの1つ。はじめ幕府領,延享3年から佐倉藩領,元治元年からは一部旗本津田氏領。なお,津田氏への分給は佐原騒擾によるもので,村民はこの相給化に反対し撤回を歎願,元治2年には老中牧野忠恭に駕籠訴まで行ったが許可されなかった(服部家文書)。村高は,「元禄郷帳」584石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに610石余。元禄8年検地帳によれば,反別田54町1反・畑9町2反余・雑地屋敷14町8反余,屋敷名請人11。また,慶応2年調上帳によれば,家数17・人数120(同前)。神社は大杉神社。明治8年千葉県に所属。同年大間手小学校が開校,明治22年蛇園小学校・倉橋小学校と合併し鶴巻尋常小学校となる。明治22年鶴巻村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292195
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ