ケータイ辞書JLogosロゴ 大森村(近世)


千葉県>印西市

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛【いんば】郡のうち。印西領に属す。寛文年間から幕府領,元禄10年から幕府・旗本西山氏の相給,同14年から佐倉藩領,享保8年から淀藩領。村高は,「元禄郷帳」1,069石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,062石余。なお寛文12年の検地により,新田582石余が高請されている。当村に,幕府領期に代官の出張陣屋,淀藩領期に飛地支配の陣屋が置かれた。享保8年「淀領郷村帳」によれば,小物成として夫銭永2貫139文余・山銭永1貫906文余・百姓林銭永820文余・夏苅銭永744文余を上納(田辺家文書)。明治6年千葉県に所属。明治5年の戸数268・人口1,375。同7年頃に大森新田を合併。神社は火皇子神社・鳥見神社,寺院は天台宗長楽寺・星光院(印旛郡誌)。明治22年大杜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292205
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ