ケータイ辞書JLogosロゴ 岡田村(近世)


千葉県>関宿町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国葛飾郡のうち。幕府領。村高は,「元禄郷帳」581石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに588石余。寛永4年には検地があった。寛永4年の戸数27(うち屋敷持18軒),慶安3年の屋敷持21軒,延宝2年の屋敷持33軒。延宝2年の検地帳には渡守吉左衛門の名が見え,江戸川対岸吉妻【きづま】村(現埼玉県)との間に渡しがあったことが知られ,江戸期〜明治期には河岸もあった。助郷は日光街道杉戸宿・幸手宿・粕壁宿(いずれも現埼玉県)や水戸街道我孫子宿に出役し,賃銀代納の場合もあった。助郷の負担が重く,安政4年には他の9か村とともに我孫子宿出役減免を願い出ている。寺院は真言宗福寿院,神社は香取神社。明治6年千葉県に所属。同8年の反別109町1反余,戸数48・人数319(木間ケ瀬小沼家文書)。同13年当村の河岸には船問屋4軒があった(県統計書)。同18年の戸数50・人数355。同22年の反別田33町5反余・畑44町7反余・宅地5町8反余・山林43町3反余。明治22年木間ケ瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292273
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ