ケータイ辞書JLogosロゴ 荻原郷(中世)


千葉県>夷隅町

 戦国期に見える郷名。上総国のうち。史料により伊北荘・伊保荘内とも伊南荘内とも見える。合行私記奥書(行元寺文書/県史料諸家)に「于時永禄八年〈乙丑〉仲夏吉祥日於上総州伊保庄荻原郷」とあるのが初見。行元寺所蔵の以心灌頂私記裏書にある以心灌頂相承血脈次第は天正12年11月に「伊北庄荻原郷」の行元寺法印舜海が加筆したと見えている。また,普門寺(現長生郡睦沢町)所蔵仏像台座の蓮華座墨書銘(県史料金石1)にも「上総州伊南庄荻原郷行元山……永禄十二天〈己巳〉六月吉日」と見えている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292326
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ