ケータイ辞書JLogosロゴ 奥山村(近世)


千葉県>鋸南町

 江戸期〜明治22年の村名。安房国北郡,のち平【へい】郡のうち。寛永10年大崩【おおくずれ】村から分村して成立。はじめ幕府領,万治3年幕府・佐倉藩の相給,正徳2年旗本萩原氏領,文化8年白河藩領,文政6年幕府領,天保3年旗本平岡氏領,同14年忍藩領,弘化4年会津藩領,嘉永7年前橋藩領。村高は,「元禄郷帳」122石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに117石余。「正保高帳」では村高117石余のうち,田63石余・畑53石余。家数は天保年間頃63(石井家文書/県史料安房)。神社は奥山神社(旧飯綱神社)。寺院は真言宗大法院(一説に修験三宝院末という),浄土宗真光寺(共に廃寺)。行人塚には宝暦3年・安永9年・寛政8年の出羽三山塔がある。明治6年千葉県に所属。同5年の家数65・人口417。同6年真光寺を仮用して奥山学校を開設,教師1,生徒数は男33・女5。同14年犬養毅らが来村,これを機に荒砥道太郎らが奥山改進社を結成し,自由民権運動を展開。明治22年佐久間村の大字ハとなる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292335
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ