ケータイ辞書JLogosロゴ 小堤村(近世)


千葉県>横芝町

 江戸期〜明治22年の村名。上総国武射【むしや】郡のうち。坂田を冠称。はじめ旗本布施氏・永田氏の相給,享保12年以降幕府・旗本布施氏の相給,延享元年旗本布施氏・神尾氏の相給,嘉永4年からは旗本布施氏・土屋氏の相給。村高は,文禄3年「石高覚帳」415石,「元禄郷帳」380石余,「上総国村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに418石余。「上総国村高帳」では家数37。享保17年明細帳によれば,高辻363石余,反別39町3反余,うち田方28町6反余・畑方9町3反余・屋敷地1町1反余,家数36,人数188,うち男94・女94,馬14,農間余業は男が秣薪縄,女が木綿織(県史料上総)。文政11年明細帳によれば,家数26,人数118,うち男61・女56・僧1,馬7(同前)。なお当村は江戸期には御鷹場横柴組に属した(東金御鷹場旧記)。明治6年千葉県に所属。同18年の反別60町3反余(上総国町村誌)。神社は日吉神社・小堤神社。寺院は天台宗東福寺。明治22年大総村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292502
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ