ケータイ辞書JLogosロゴ 勝山村(近世)


千葉県>鋸南町

 江戸期〜明治22年の村名。安房国北郡,のち平【へい】郡のうち。江戸中期頃までは二浜【にはま】村とも称した。はじめ里見氏領,元和元年幕府領,万治3年佐倉藩領,再び幕府領を経て寛文元年小浜藩酒井氏領,寛文8年酒井氏の勝山立藩に伴い勝山藩領となる。勝山藩酒井氏の陣屋が置かれた。村高は,慶長15年「里見家分限帳」では二浜村と見え43石余,「元禄郷帳」107石余,「天保郷帳」109石余,「旧高旧領」112石余。「正保高帳」では村高95石余のうち,田8石余・畑86石余。元禄年間の家数220。寛政5年の明細帳では家数297・人口1,522,生魚船4,五下船2,渡船1,小漁船89など船数合計96。小漁船は毎年6月10日前後より8月中旬まで鯨漁に従事。江戸期房総捕鯨の根拠地は勝山浦で,浮島沖の深さ300〜500尋を回游する槌鯨を獲物にした。勝山の鯨組は明暦〜宝永年間にかけて醍醐新兵衛によって企業化されたといわれ,元締のもと大組17隻・新組16隻・岩井袋組24隻,計3組57隻の船株組織で,旗頭・世話人らの幹部,羽刺ら500余名の海上乗組員,および出刃組・釜前人足などの陸回り70余名からなっていた。なお勝山藩は鯨運上を課してある程度の保護を加えたが,積極的な統制は行っていない(鋸南町史)。神社は牛頭天王(慶応4年八雲大神,明治2年加知山神社と改称)。寺院は日蓮宗妙典寺・浄土宗浄蓮寺・臨済宗法福寺。明治2年の戸数99・人口1,504,生魚船4,渡海船1,小漁船89(うち鯨船33)。明治2年全国に同名の3藩があることから勝山藩を加知山藩と改称,村名もまた加知山村と改めた(鋸南町史)。明治6年千葉県に所属。同7年の家数330(士族43・平民287),人口1,945。同8年法福寺を仮用して加知山学校を開設。教師1,生徒数は男32・女22。同年加知山郵便取扱所が業務を開始。同22年勝山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292647
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ