ケータイ辞書JLogosロゴ 鏑木村(近世)


千葉県>干潟町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国香取郡のうち。慶長9年の検地帳には「香取郡北条庄鏑木之郷」とあり,屋敷3町5反歩余,名請人121人が見える(鏑木家文書/干潟町史)。「各村級分」では幕府,旗本原田氏・榊原氏・小田切氏の相給,「旧高旧領」では幕府,旗本原田氏・本目氏・小田切氏の相給で,ほかに光明寺領30石がある。村高は,「元禄郷帳」1,057石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,099石余。明細帳などによれば家数は,元禄6年219,天保9年265,弘化2年264,安政2年283,慶応2年258。用水は長熊・亀城両溜井を萬力村と共同利用。延享3年には萬力村と秣場をめぐって争論があった。天保7年の凶作時,旗本本目氏知行地では年貢減免を申し入れ,2割5分の減免(5分は夫食米),7両の貸金が支給された(鏑木家文書/干潟町史)。明治8年千葉県に所属。明治6年鏑木学舎が創立,同9年鏑木小学校となる。同20年萬力村の萬力小学校と合併して陽発尋常小学校となるが,同22年廃校となり,古城尋常小学校を設置(香取郡誌)。明治7年鏑木駅を置き郵便取扱開始。神社は鏑木大神(稲荷大明神)・須賀神社(牛頭天王)・秋葉神社・手接大神,寺院は浄土宗光明寺,日蓮宗妙経寺,真言宗願勝寺,天台宗正賢寺・永命院,曹洞宗長泉寺(香取郡誌)。明治22年古城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292760
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ