ケータイ辞書JLogosロゴ 鎌ケ谷村(近代)


千葉県>鎌ケ谷市

 明治22年〜昭和33年の東葛飾郡の自治体名。鎌ケ谷・粟野・佐津間・初富(五香六実村への飛地を除く)・道野辺・中沢の6か村と串崎新田飛地,印旛郡根村のうち字軽井沢新田が合併して成立。旧村名を継承した6大字に串崎新田・軽井沢新田を加え,8大字を編成。村役場は鎌ケ谷に置かれた。明治24年の戸数470・人口2,896,厩151。同43年木下街道に東葛人車軌道が敷設された。大正12年私鉄北総鉄道(現東武野田線)柏〜船橋間が開通,道野辺に鎌ケ谷駅が開業,当村内にはじめて汽車が走った。一方大正元年に鉄道連隊が軍用演習線として千葉・津田沼方面から当村内に線路を敷設。同路線は昭和22年私鉄京成電鉄に売却され,のち私鉄新京成電鉄となり路線が整備されて同24年に鎌ケ谷大仏駅・初富駅が開業,同30年にはくぬぎ山・北初富駅が開業した。大正初期からナシ栽培が導入され,東京近郊の園芸農村として発達した。昭和33年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292768
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ