ケータイ辞書JLogosロゴ 鎌刈村(近世)


千葉県>印旛村

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。元禄9年頃は佐倉藩,旗本土屋氏ほか4氏の相給,「各村級分」では旗本杉原氏ほか5氏の相給,「旧高旧領」では佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」270石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに299石余。水戸街道我孫子【あびこ】宿の助郷村。元和4年瀬戸村との境の秣場入会いをめぐり,また享保3年には大廻村との境の橋谷津・寺下谷津の所有をめぐりそれぞれ争論となっている。享保12年山水帳では古山新山合わせて29町余。寛保4年宗門書抜帳では,家数68・人数273。安政5年頃の反別田23町余・畑8町余・新田畑10町余,年貢は米92石余・永11貫余・鐚53文(石橋家文書)。神社は宗像【むなかた】神社,寺院は曹洞宗東祥寺,天台宗円照院,ほかに禅宗新願寺。明治6年千葉県に所属。同20年岩戸尋常小学校鎌苅分校が開校。明治22年宗像村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292772
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ