ケータイ辞書JLogosロゴ 上岩橋村(近世)


千葉県>酒々井町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国印旛郡のうち。佐倉藩領,ただし,享保年間からの新田(林畑)分は幕府領。村高は,「元禄郷帳」648石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに695石余。元禄14年差出帳によれば,反別田53町7反余・畑22町9反余・屋敷8反余,とらふ竹籔1か所,家数68,小物成として栗代永68文・茶代永7文・野銭永100文・山銭京10貫973文のほか,糠・藁・縄を納め,千石夫・御用薪・伝馬役などを負担している(福田家文書/酒々井町史史料集1)。村内は上郷・大崎・卜ケ崎・大鷲の4集落に分かれている。成田街道が村内を南北に縦貫していて,当村は酒々井【しすい】宿の助郷村であるとともに,街道沿いの卜ケ崎には間【あい】の宿として水茶屋・旅籠などがあった。佐倉牧の野付村で,毎年酒々井の野馬御払場の土手修理が課せられた。神社は駒形神社・菊賀神社・大鷲神社,寺院は日蓮宗妙楽寺・真言宗長福寺。明治6年千葉県に所属。同14年妙楽寺を仮校舎として岩橋学校が開校,同18年中川学校を合併。明治22年酒々井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7292796
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ