ケータイ辞書JLogosロゴ 木戸村(近世)


千葉県>光町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国匝瑳【そうさ】郡のうち。延宝年間「東金御鷹場旧記」では,長塚村・五ノ神村と合わせて3か村の高500石,旗本安部氏領,「各村級分」では幕府,旗本安藤氏・内藤氏の相給。「匝瑳郡誌」によれば嘉永元年から佐倉藩領と見え,「旧高旧領」でも佐倉藩領。村高は,「元禄郷帳」705石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに715石余。天保9年の家数283,うち35軒の居酒屋を含み91軒が農間渡世(尾垂惣領村外十三ケ村組合諸商渡世向取調書上帳/祭魚洞文庫)。また弘化元年佐倉藩が九十九里浜沿岸防備のために陣屋が作られた。弘化2年の家数286(関東取締出役控帳/匝瑳郡誌)。明治8年千葉県に所属。同10年字五ノ神に木戸小学校を開校,同15年木戸学校と改称,同19年木戸尋常小学校となる。神社は妙見神社・菅原神社・三社宮,寺院は浄土宗の光泉寺・観音院・量性院,真言宗の円満寺・宝蔵院・吉祥院・宝鏡院・重輪寺・持明院・正光院・不動院(匝瑳郡誌)。明治22年白浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293173
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ