ケータイ辞書JLogosロゴ 木間ケ瀬村(近世)


千葉県>関宿町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国葛飾郡のうち。はじめ徳川氏領,のち,旗本古田氏領を経て寛永4年旗本古田氏・深津氏の相給,元文5年からは幕府領。寛文8年には検地があった。村高は,「元禄郷帳」405石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに3,042石余。寛文8年以後旗本2氏によって利根本堤2,500間余が築造されて大規模な新田開発が行われ,寛保年間の検地では反別579町3反余,高2,808石余となった。宝暦10年の家数524,人数2,529,馬数120。享和元年の家数457,人数2,388,馬数95。文政5年の人数2,373。当村は左源太組・治平組の2組から成り,文化元年の畑の多い左源太組の貢租は米71石余と永235貫913文余。助郷は日光街道杉戸宿・幸手宿・粕壁宿(いずれも現埼玉県)や水戸街道我孫子宿へ出役し,雇替賃銀を納めることもあった。明治2年には日光街道野木駅(現栃木県)に付属換えとなっているが,遠距離の我孫子・野木は勿論,水損後には近距離の宿への出役にもしばしば拒否,軽減を願い出ている。寺院は真言宗無量寿院・宝蔵院・宝珠院・慈眼院・西蔵院,天台宗本明院(修験)など。神社には将門手植えの桜があったと伝える白山神社,将門の馬を葬ったと伝える駒形神社,ほかに香取神社などがある。明治6年千葉県に所属。同5年宝珠院・西蔵院が廃寺となる。同6年地内松ノ木地蔵堂に松塒学校を開校,同7年木間ケ瀬学校と改称し生徒数は男111・女11,同20年木間ケ瀬尋常小学校となる。明治7年の戸数491・人口3,063,神社23,寺院4,大麦320石・小麦323石・菜種159石・大豆960石・小豆118石・粟50石・稗30石・胡麻20石・製茶225貫・蕎麦250石・鯉83貫・鱸111貫・炭105貫などを産し,川船238(うち高瀬舟48)を有した(岩本家文書)。同8年の反別728町6反余,戸数493・人数3,054(木間ケ瀬小沼家文書)。同11年東葛飾郡に編入。同18年の戸数538・人口3,363。明治22年木間ケ瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293196
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ