ケータイ辞書JLogosロゴ 木間ケ瀬村(近代)


千葉県>関宿町

 明治22年〜昭和30年の東葛飾郡の自治体名。木間ケ瀬・岡田・丸井の3か村が合併して成立。旧村名を継承した3大字を編成。村役場は木間ケ瀬に設置。明治24年の戸数614・人口4,068,厩118,船283。明治22年岡田小学校簡易科を木間ケ瀬尋常小学校に合併。同28年高等科を併置して木間ケ瀬尋常小学校となる。同32年木間ケ瀬のうち利根川左岸の地域が茨城県長須村(現岩井市)木間ケ瀬となる。大正期には渡船場が,東端を流れる利根川に2か所,西端を流れる江戸川に1か所あり,江戸川沿いの丸井・岡田には河岸があった。川沿いの低地は水害常襲地帯で,明治43年の水害では,村内の堤防決壊3か所,死者1,流出戸数17・浸水戸数347,救護人員数1,140。大正末期頃村内の西端を通る県道を野田町との間の乗合バス開通。大正6年の農業専業571戸・同兼業43戸,商業専業18戸・同兼業176戸,工業専業3戸・同兼業90戸,物産は米5,905石・大麦7,300石・小麦3,200石・大豆344石・甘藷9万1,800貫・青芋1万9,820貫・生繭111石・茶2,122貫・鶏5,700羽・鶏卵47万2,310個・タバコ3万5,000石(東葛飾郡誌)。昭和30年頃まではタバコ栽培・養蚕が中心で,昭和29年木間ケ瀬に近在の葉タバコを集荷する東京専売公社木間ケ瀬葉煙草集荷所設置。昭和9年木間ケ瀬に木間ケ瀬郵便局開設。同22年木間ケ瀬中学校開校。大正8年の戸数650・人口4,303。世帯数・人口は,昭和2年657・3,961,同30年760・4,955。昭和30年関宿町の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293197
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ