ケータイ辞書JLogosロゴ 清滝村(近世)


千葉県>海上町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国海上郡のうち。寛文10年からの椿海干拓によって成立した新田18か村の1つ。元禄8年の新田検地が行われるまでは,東部台地上の岩井村の真下に位置したため岩井村下とも呼ばれた。はじめ幕府領,延享3年佐倉藩を経て,宝暦13年からは安中藩領。村高は,「元禄郷帳」2,022石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに2,027石余。水田灌水のため,岩井村と替地をして惣堀溜を作った。ほかに元禄11年に2つ,宝永7年に1つ溜池を築造している。神社は厳島神社・春日神社。明治8年千葉県に所属。同17年成章小学校開校,同20年成章尋常小学校となる。明治22年滝郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293225
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ