ケータイ辞書JLogosロゴ 桐ケ作村(近世)


千葉県>関宿町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国葛飾郡のうち。関宿藩領を経て寛保2年旗本神尾氏領,明和7年幕府領,天明3年からは再び関宿藩領。寛文4年には検地があった。村高は,「元禄郷帳」361石余,「天保郷帳」372石余,「旧高旧領」396石余。寛保2年の検地では本田高327石余(田24石余・畑284石余・屋敷高19石余),反別57町8反余(田2町5反余・畑53町3反余・屋敷1町9反余),新田高52石余・反別11町2反余。天保年間の貢租は米14石余,永132貫235文余。宝暦7年の家数105,人数626,馬数30,高瀬舟2,馬渡舟2,作物には粟・大豆・タバコなどがあり,茶運上18貫589文を上納している(上原家文書)。特に葉タバコの生産が盛んであった。助郷は日光東往還中里宿に出役,明治2年日光街道野木駅(現栃木県)へ付属替となり雇替賃銀を納めたが,負担が重く減免を願い出ている。寺院は真言宗金乗院,神社は香取神社。明治6年千葉県に所属。同7年の戸数120・人口791,土産としてタバコ701貫余・製茶1,266斤を産し,川船44(うち高瀬舟26・馬渡舟2)を有している(上原家文書)。同6年に新築開校された桐ケ作学校の同8年の生徒数は男66・女9。同8年の反別141町9反余,戸数120・人数774(木間ケ瀬小沼家文書)。同11年東葛飾郡に編入。明治22年二川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7293231
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ